2010年01月

        

アバター

category - ペンションBOW
2010/ 01/ 28
                 
今週始め(25日)に映画を観に行った。
先月、『2012』を観に行った時に、次回はこれかな、と思っていた。

BOW親父は映画も小説も、SF物はそれ程好きな分野ではないのだが、

妻が映画も小説もSF物大好きときてる。その妻のご機嫌伺いということも多いにある。

そんな不謹慎な考え(こんな言い方、妻は怒るかな?)で行った『アバター』ではあったが、
これが、なんとも面白かった。約3時間の上映時間がちっとも長く感じなかったのである。

ここで、粗筋を喋ってしまうのは無粋というものなので(もっとも、話題作だけに、御存知の人が多いだろうけど)、
割愛させて頂きます。

が、この『アバター』は、やはり映画館の大画面と大音響の中で見るべき映画であることは確か。
前に観た『2012』もそんな映画ではあったが、ちょっとばかりハズレのツッコミどころ満載の映画であった。
主演のジョン・キューッザックは好きな役者のひとりであるが、『ニューオーリンズ・トライアル』は面白かった。


いや~、映画はやっぱり映画館ですね