2012年11月

        

今日(11/27)の黒姫

category - ペンションBOW
2012/ 11/ 27
                 
昨夜半からチラついていた雪は、今朝眼が覚めた時は10cmほどの積雪になっていた。

CIMG3420.jpg
アニマルネットをかけたままのBOWの森も一面の雪である。
2,3日のうちにはアニマルネットの撤去作業をしなければ・・・。

朝オシッコに出た天ちゃんは、元気良く走り回っていました。
CIMG3421.jpg



チラホラではあるが、今も(午後4時)降り続いている。
例年通りだと12月中旬くらいまで降っては積もり、そして溶け、そしてまた積もるの繰り返しで
根雪を形成する。

今年もホワイト・クリスマスを迎えることが出来そうです。

BOWでは今年のクリスマス(24日)もケーキをご用意させて頂きます。
犬仲間と、あるいは犬好き家族と、そしてご夫婦と愛犬だけの静寂なクリスマスをBOWで過ごしませんか?

ご予約をお待ちしております。



コチラもご覧ください。
    ↓
ペンションBOW


                         
                                  
        

変わらないのがいい

category - 私事
2012/ 11/ 27
                 
BOW親父が、汽車通学の高校の三年間に利用した駅。
千綿駅。

駅舎は10年以以上前(定かではない)に立て替えられたようだが、
大きさも外観もまったく当時の面影のままである。
狭い待合室に立っているだけで、10メートルほど先はもう海である。

CIMG3405.jpg

これまた狭くてなだらかにカーブしたホームに立つと、目の前には穏やかな海が広がる。
CIMG3407.jpg

CIMG3408.jpg


ありきたりの言葉が無意味な言葉になるほど、昔からずっと変わらない僕の景色である。
懐かしすぎて何故かちょと切ない気持ちになった。


そして、
千綿駅を出て10分ほど坂道を上ると高台になり、BOW親父が暮らした家がある。
子供部屋として使用していた2階の部屋からは、同じ海が見える。

CIMG3410.jpg

CIMG3411.jpg


子供のころ毎日眺めていた海を、今また昔と変わっていない窓から眺めた。

思い出が走馬灯のように駆け巡り、そして今でもこの景色の中で暮らしている年老いた両親を
想い、何故か目頭が熱くなってしまったBOW親父でした。




こちらもヨロシク!
   ↓
ペンションBOW