2014年02月

        

category - ペンションBOW
2014/ 02/ 28
                 
今日はほぼ一日中霧の中でした。

DSC04914.jpg

画像上部の電線がちょい邪魔ですが、何となく幻想的でしょう。


霧がかかってくると何故か黒木ケンの『霧にむせぶ夜』が頭の中で回ってしまう親父であります。






こちらもご覧ください
    ↓
ペンションBOW




                         
                                  
        

category - BOW犬たち
2014/ 02/ 28
                 
BOW犬最長老のジンジャーは10歳2か月。通称ジン。
先日血液検査、触診をやってもらいましたが悪いところはなし。

BOWの森を走り回わり、食事準備中のボルゾイダンスもかかさない。
もちろん毎日完食。


久し振りにリードを付けてゲレンデまで散歩に行ってきました。
平日ということもあるのだろうが前山スノースマイルは誰も乗っていないリフトが空回り、その先の黒姫スノーパークは5人ほどのスキーヤーでプライベートゲレンデの様相。
ほぼ毎日赤字を垂れ流しているようである。

という話しはおいといて、ほんとはダメなんですがちょっとだけジン君と一緒にゲレンデへ入ってみました。

DSC04910.jpg

DSC04909.jpg

頭の毛をよくよく見るとBOW親父の髪の毛同様ポヨ~ッとしています。
やっぱりお互い歳取ったものです。


ところで、入っちゃいけないゲレンデに入っちゃったのでですが、今シーズンのゲレンデは3月31日まで4月1日からは勝手に入って思う存分遊べます。例年だと4月中旬位いまでは綺麗なゲレンデのままです。

誰もいないゲレンデを愛犬と一緒に独り占めしたい方は、BOWへどうぞ!


詳しいことは近いうちにアップする予定です。





こちらもご覧ください
    ↓
ペンションBOW



                         
                                  
        

category - 末娘はダウン症
2014/ 02/ 28
                 
末娘の青葉はダウン症。
今年20歳になる。

養護学校高等部卒業と同時に長野市内にある就労移行支援施設『小春日和』に通勤しています。

ここでかいつまんで就労云々・・について説明しておきます。
就労に関しては大まかに三区分されてます。
就労移行支援
一般企業への就職を目指して訓練します。
就労継続支援
福祉施設はたいてい働ける所を自前で持っています。例えばパン屋さん、喫茶店、印刷屋さんなどです。
そこで一日ずっと働いて給料を得ます。
給料は7~8万円といったところ。
就労継続支援
障害を持っている方の中には、一日中働くということが困難な方がいます。そういう方たちは一日の中で仕事と遊びみたいなものを組み合わせてやります。
施設によって違ってきますが概ね1~2万円前後だと思います。


ここからは我が娘青葉を例にとって話をすすめますが、私の意見、感想ですから間違っているところもあると思いますが、ご了承ください。

彼女は知的障害を持っています。その知的な障害がどの程度なのか・・
①国語、算数、社会など勉強という点では、おそらく小学1年生か2年生レベルでしょう。
②精神年齢や社会生活全般におけるレベルは小学低学年から現在の20歳の年相応までとても幅広く混在しているように感じます。

現在彼女は①就労移行支援なのですが、知的年齢及び精神年齢からすると一般企業への就職はとても無理でしょう。近い将来には③就労継続Bに移ることを考えています。



一度では書ききれない問題なので何回かに分けて時々書いていこうと思っていますが、たいていの方には関係ないと言えば関係ない話なのですが、
障害を持っている人たちも『仕事をしたい』『社会の役にたちたい』という強い気持ちを持っているということを理解して頂ければ幸いです。



DSC04906.jpg
毎朝黒姫駅まで送り、そこから電車で行きます。
仕事、人とのふれあいが大好きな彼女は毎日元気に出勤します。





こちらもご覧ください
    ↓
ペンションBOW