Post

        

ありがとうございます

category - ペンションBOW
2014/ 10/ 21
                 
クラママ、はるなつあきママ、くろすけママのコメント、

ありがとうございます。




ペンションBOWを介して、そしてこのつたないブログを介して、
そして一番、犬を介して
面識もないお客様同志がそれぞれの想いをコメントして頂けることをとても嬉しく思います。




ペンションBOWは来年3月で19年目に入ります。

犬との出会い、人との出会い・・・・



ペンションBOWにお越しのお客様は皆さん素敵な方ばかり。


ペンションやってて良かったなあ!と本当に思っています。






これからも、目立たぬように、はしゃがぬように・・・・・

素敵なお客様とイヌに出会えるようなペンションにしていきたいと思っています。




3年前のBOWの紅葉

CIMG1546_20141021140645090.jpg






昨年の笹ヶ峰

IMG_2076.jpg














コチラもご覧ください
    ↓
 ペンションBOW


















                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

クラママさんありがとうございます
クラママさん私のことまでご心配いただきありがとうございます。
クラちゃんの笑顔(ブログ)訪問させていただきました。
潔く静かに旅立ったクララも最高最愛の犬だったのですね。
はるも4日前まではゆっくりながらほんの少しお散歩にも出ていました。
愛犬のことを心配し、愛犬のお世話を一生懸命したつもりだったけど、
逆にそれ以上に、彼女は私のことを心配し私にたくさんの事をしてくれたし
今もしてくれています。
今も心の中ではるをギュッとしてます!
犬がいるからだいじょうぶ。
いつか行った紅葉の笹ヶ峰はほんとうに素敵な場所でした。
あ~早くBOWに行きたいな~。
お世話になりました。
BOWおやじさん、こんにちは。
年に二度ほどゴールデンを連れて母と富山からお邪魔していた林です。
前回5月にうかがい、
(秋田犬ユキちゃんのご家族と同じ日で、
奥様と親しくお話させていただきましたした。)
秋になったらまたうかがうつもりでおりましたが、
モモは8/25どしゃ降りの日に
一切の前触れもなく9歳5ヶ月で突然死いたしました。
ご飯も散歩もおやつもいつも通り。

私が仕事の上で必要な資格取得のための勉強をしている部屋で
私に気付かせもせず亡くなっていました。
勉強の邪魔もしたくなかったし介護もさせたくなかったんでしょうか。
随分わがままでゴールデンらしからぬ我慢のきかない仔でしたが、
最期もゴールデンらしからぬ亡くなり方でした。
ゴールデンだから最後はガン。色々覚悟と準備もしていたのに。

飼い主はまだ事実が受け止められずにいます。
黒姫に伺う日、あの仔いつもおおはしゃぎでした。
童話館ではシニアとは思えない疾走を見せてくれました。
行きも帰りも車中は一睡もせず
うれしそうに私の運転をじっと見てました。

落ち着いたらBOWと童話館に散骨にうかがうかもしれません。
犬連れではありませんが、泊めていただければ幸いです。
もも母さんへ
びっくりしました。
毎年春と秋にお越し頂き、この秋も・・・とちゃんと予定に入ってたんですよ!
この春に来られた時には、モモもまだ元気だなって思っていたのに。

先程お電話させて頂き、お母様がお出になられました。


是非、散骨にお越し下さい。こちらからお願いしたい程です。


元気だして下さい。
バウを介して、犬を介してと言う言葉に誘われてコメ書きさせて頂きたいと思いました。
うちは二代目ですが本当に犬から
もらったこと、学んだことは私にとって財産です。
前の子が亡くなった時は、かけがえのないパートナーを亡くし、この悲しみはいつまで続くのかと思っていましたが今の子を育てようと決心した時はもっともっと幸せにしてあげたいと思いました。
決して後悔しないように。

私が犬からもらった幸せと同じように今、目の前にいるピットを大切にしたいと今回皆さんの言葉から改めて思いを強くしました。

バウにお伺いしたときにオーナーから皆のことを聞かせていただけたらと思います。
ピットままさんへ
コメントありがとうございます。

人(ひと)はひとりで生きているわけではないとよくいわれますが、その時の意味は沢山の人(ヒト)と関わって生きてるんだよ!ってことです。

実はそうではなくて、犬や猫、あるいは熊、キツネ、その他さまざまな生き物も含めて一緒にこの地球上に生きているんだと思っています。

同じ人間から、同じ生き物から色んなことを刺激を受け、教え、教えられて生きています。

私の3番目の娘はダウン症、知的障者ですが、この娘からでさえ教えられることがいっぱいある58歳の親父です。


ピットままのお顔を拝見できる日を楽しみに待ってます。