Post

        

修了

category - 私事
2014/ 11/ 08
                 
妻が『ペアレント・メンター養成』の研修を受け、ペアレント・メンターとして認定されました。

IMG_0851.jpg


IMG_0849.jpg


『ペアレント・メンター』なんて横文字(古い言い方)は大多数の方が初めて耳にする言葉(親父もそうでしたが・・・)だと思いますが、簡単にいうと『子供が発達障がいの診断を受けて間もない親などに対して相談や助言を行う人材』ということです。

ですから養成の研修を受けられる第一条件は発達障がいの子供を実際に育てている経験者ということになります。

そういう意味では、ダウン症の娘を育てている(育てているという言い方も変ですが・・・・)BOW夫婦も微力ながら相談を受けたり助言して差し上げたり出来るのではないかと考えています。




『ペアレントメンター』は始まって間もないもので資格や免許といったものではありませんが、とても必要なものだと思っていますし、今まで無かったことが不思議なくらいに思えます。







当ブログにも『末娘はダウン症』というカテゴリーがありますが、これからはここを通して『ペアレントメンター』の活動ができればと思っています。















コチラもご覧ください
    ↓
 ペンションBOW











                         
                                  

コメント

非公開コメント