Post

        

母と父

category - ペンションBOW
2015/ 09/ 05
                 
9月1日にボルゾイパピーのグレイ君を迎え入れた翌日から、3日連続で田んぼの草刈りでした。1か月振りの百姓仕事で、しかも二人で約60枚の田んぼや畑。あと30枚ほどで終わります。



そういった話はさておき、グレイのお母さんとお父さんの紹介です。



先ず、犬舎は岐阜県大垣市のクリスティーナガーデンさんにお世話になりました。

そしてお母さんは・・・ポラリス
IMG_0259_2015090508150195c.jpg
この眼を見て下さい。素敵な眼をしてるでしょう。
優しくて大人しくて、人懐っこくて。それなのに大方のボルゾイらしい『私はわたしです』といった面も見せてくれる。親父は大好きになりました。


porarisu.jpg










そしてお父さんは・・・リゲル
rigeru.jpg



IMG_0260.jpg
お父さんの方はポラリスよりボルゾイ色が強く、『私を触りなさい!』の態度が豪快でした。

でも、我が子の中でで唯一残ってくれたクリスティンを愛おしく触れている写真が印象的です。








追伸)
詳細は省きますが、BOWの家族に仲間入りしたグレイのお婆ちゃんクリスティーナ
BOW犬の亡きマリーとは意外に濃い親戚です。

まだまだ若かりし頃のマリー(左)とジン君。
bowdog49.jpg
グレイも、犬にも人にも穏やかに接する犬になりそうです。(育て方や環境も大事ですが・・・)







コチラもご覧ください
    ↓
 ペンションBOW












                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

グレイ君はパパ似?
クリスティーナママさんに、我が家の愛する先住犬スウィーティーが、ローズマリーちゃんの妹だと教えて頂き、びっくりしています。
しかも、同じお里の出身だなんて。
クリスティーナも同じお父さんで、スウィーティーより2ヶ月半お姉さんでした。
母親は違っても、同じお父さんの血を引く可愛いボルゾイ姉妹を家族に持っていたと言うご縁を大切にして行きたいです。
クレアも、同じ血を引いています。
スウィーティーが生きているうちに黒姫に連れて行ってあげたかったな〜
クレアママさんへ
つくづく縁とは・・・と思ってしまいます。

マリーは2歳になる前に里子としてBOWにやって来ました。
犬にもヒトにもとっても優しくて大柄の美女でした。

孤高のボル犬ジン君が唯一心を許していたというか、開いていた犬でした。
亡くなってしまうことで、マリーの側に行くことができたジン君はとても安らかな毎日だという気がしています。

それにしてもスウィーティーにも会いたかったし、クレアにも是非触れてみたいです。

スウィーティーとマリーに合掌
No title
なんだかんだと毎日をバタバタと過ごし。。
自分のブログの更新もまったくできない毎日。。
こんな中でいつバウにお邪魔しようかとわくわくしております。

ポラリスもリゲルもステキなコメントをつけていただき感謝です。

グレイ君やっぱり骨太ででかいですね。。ヽ(*^^*)ノ