Post

        

ビーグル

category - お客様
2015/ 10/ 03
                 
ビーグルのデュポンは8歳。BOWは初めて。
歌舞伎役者みたいな目の隈取りが印象的。
IMG_3158.jpg




もっと印象的なのがコチラのご夫婦。
IMG_3159.jpg


シルバーウィークの最終日(23日)、その日のお客様が全員チェックアウトされ、その日のBOWはお休み。
明日からのお客様に備えてノンビリと時間をかけて掃除をしていると、午後3時頃に一台の他県ナンバーの車が駐車場へ入った。

『あれっ!何だろう?今日は休みにハズなんだけどなあ!間違ってたかな?』などと妻と話していると、
駐車場から上の庭へご夫婦が上がって来る。




『なんでしょうか?』と恐る恐る聞くBOW親父。

『今日、予約してます〇〇です。』とお客様。

BOW親父はドキドキしながら『エッ!確か明日のご予約になってるはずですが?ちょっと待って下さい。確かめてきます。』


中へ入って予約帳を確かめるBOW親父。

確かめると、ちゃんと明日の予約になっている。

またまた恐る恐る『明日の予約になってますが?』と親父。


するとお客様も恐る恐る『今日じゃなかったですかあ!?』と・・・


そこでBOW親父が『もしかしたらBOWで一泊、別のペンションで一泊、と予約されてませんか?』と尋ねると、

『えェ!別のペンションにも予約しています!』とお客様。

『それじゃあ、BOWは2日目ではないですか?とりあえずそのペンションに電話してみて下さい』と親父。


予約してある別のペンションに電話をされる奥様。(予約は奥様が遂行!)






電話が終わって・・・・・









『申し訳ありません!BOWさんは2日目の宿泊でした!』と奥様。

ここでちょっと気が強くなったBOW親父は、
『今から急いで片付けると泊まれないこともないですが、予約してある先方の宿も困るでしょうから、そちらに向かわれた方がいいですね!』

聞けばBOWから4時間くらいのところにあるペンションです。

『きっと食事は19時くらいからだと思うので間に合うと思いますが、安全運転で向かって下さい!』と親父。




お客様は『ハイ!また明日来ますね!』と車を発進されました。




事の顛末はこうなんですが、この会話のやりとりの間、ずっと奥様に対しても、BOW親父に対しても穏やかだったご主人の態度が印象に残りました。

BOW親父は見習わなければ・・・・







そして翌日・・・BOWに到着とあいなりました

追伸)家を出発する前に『宿泊の順番は間違ってないよね?』と尋ねたご主人に、奥様は・・・
『間違ってないわよ!大丈夫だから!何度聞くの!』と言われたそうです。




ご主人の態度のお蔭で穏やかな2日間でした。ありがとうございます。




またお待ち申し上げます。




コチラもご覧ください
    ↓
 ペンションBOW

                         
                                  

コメント

非公開コメント