Post

        

帰ってきました

category - 私事
2016/ 04/ 18
                 
昨夜(17日午後11時頃)、黒姫に戻ってきました。


九州滞在は11日間。
その11日間の様子を何回かに分けて投稿していきますが、第1回目は出発から戻って来るまでを、時系列に簡単に報告した、いわゆる目次みたいなものだと考えて下さい。


①黒姫出発・・・・・・4月5日、妻、末娘、フレブルののり天、ボルゾイのグレイ君、そしてBOW親父の3人と2匹は、愛車サーフに乗り込み(ギュウギュウ)、まだ朝も明けぬ午前4時に出発。


②長崎到着・・・・・・明けて6日午後1時に長崎に到着。約20時間が車中の人だったわけです。今回の帰省理由はBOW親父の親父の病気見舞いだったわけで、そのまま入院先の長崎国立病院へ直行。もうちょっと詳しく言うと、今年89歳になる親父と話せるのもこれで最後かという思いでした。


③妻と末娘の青葉・・・・・・妻の故郷(ふるさと)は熊本。というわけで、6日から9日までの4日間を親父の長崎で過ごし、10日から妻と青葉とBOW犬たちを熊本へ連れて行き、BOW親父は日帰りで長崎へ戻る。これが14日の『平成28年熊本地震』へとつながるわけです。


④地震・・・・・妻と青葉の熊本滞在5日目に熊本地震。熊本の実家には妻と娘と妻の母の3人、それとBOW犬たち。


⑤地震の翌日・・・・最初の地震があった翌日(15日)くらいから、BOW親父の親父が昏睡状態に。


⑥2回目の地震・・・・実は熊本も長崎も、2回目の地震の揺れが大きかったのです。今では本地震だったのではと言われている2回目の揺れがあったのは16日の午前1時半頃。築40数年の妻の実家は倒壊の恐れ有りで、2日間はスーパーの駐車場で車中泊。普通車に人間3人と犬2匹。フレブルののり天以外は一睡もできなかったとのこと。


⑦親父、熊本へ・・・・・2回目の地震があった16日のまだ朝も明けぬ午前5時前に、妻の実家へBOW親父は向かったわけです。
高速道路は通行止めのために一般道を利用。ガチャガチャになった家の中から、必要なモノだけをまとめてBOW親父の車へ詰め込み、長崎へ。


⑧黒姫へ・・・・・長崎へ戻ったものの、地震の拡大が懸念され、そうなると本州への連絡道『関門大橋』が心配になり、そのまま長野黒姫へ戻ることを決断。熊本に残ると言い張った義母を、実の娘の妻がけんか腰で説得して長野へ連れて行くことに成功。

というわけで、往きの人間3人、犬2頭に義母を加えた大所帯で車中の人へとなったわけです。


⑨黒姫到着・・・・・・・・・・16日明け方5時に長崎を出発し熊本へ向かった親父は、みんなを乗せて長崎へ戻り、決断を下してその足で黒姫へ向かったわけです。そして17日午後11時に黒姫に到着。80歳になった義理の母は辛かったことでしょうが、実に42時間かけて黒姫に戻って来ました。






被災地で今も耐えて頑張り、これからも耐えて頑張っていかねばならない被災者の方々には、逃げ出すように黒姫へ戻ってきたことが申し訳なくて、とても辛い気持ちでいっぱいなのがBOW親父の正直な気持ちです。

熊本にいる友、そして被災者のみなさん、ごめんなさい!申し訳ありません






そして、昏睡状態になってしまった親父!
もう少しだけでいいから生きてて下さい




コチラもご覧ください
    ↓
 ペンションBOW

何の意味があるのか分かりませんが、拍手のアイコンを
クリックして下さい。
拍手は多い方が気分がいい親父です!




                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

おかえりなさい
心配していましたが、みなさん無事との事で安心しました。

逃げ帰るとかそんな事気にするべきじゃありませんよ。親父さん達が黒姫に戻ったことで、親父さん達四人分の食糧やら日用品が他の被災者の人達にわたるようになるんですから、それも協力ですよ。

まずはごゆっくりお休みください。
…確か長崎だから大丈夫だよ。と、パパと話していました。
まさかそんなことになっていたなんて…。
それでも、無事にお母様も一緒に長野にいるとの記事にホッとしました。

助けになれるかはわかりませんが、私もできる事で被災地支援をしていきます。


良かった!
無事に黒姫に帰れたんですね。

お母様も一緒との事、何よりです。
お一人だったら心細かったでしょう。

年老いた親に傍にいてもらえるのは
子にとっては一番安心です。
主人を見てるとつくつ”く思います。

皆様お疲れの出ません様にご自愛専一に
なさって下さい。
安堵しました!
ずっと心配してました!
ラインもなかなか既読になら無いしT_T
電話を頂いた時には本当にホッとしました。
そしてまさかまさかの寄っていただけるなんて思いもせず。。お出かけしていてとても残念でした!

ブログを読むととーーーーーっても大変な長旅でお疲れの中大垣に立ち寄ってくれるなんて頭が下がります。。

会いたかったです。。T_T


でも何よりご無事でご帰宅されて良かったです!またお泊まりに行かせていただきますね。。

ご苦労様でした!