Post

        

いやあ、ホントに良かった

category - お客様
2011/ 08/ 11
                 
8月7日にお越し下さった I さん。

お供はスピッツのハイジちゃん。

CIMG0902.jpg


Iさんは、
ここのところスピッツの体調も良くないし、お嬢さんも前日あたりから風邪気味。
ということで、予約のキャンセルを考えられたらしい。

それでもお越し頂いたのは、お住まいが、BOWから30,40分の長野市内だったこと。



宿に着かれてからも、やはりスピッツの具合がよろしくない。
元来、大変に大人しいらしいのですが、本日はさらにおとなしい。



食事の時間になって、色んな話をしましたが、お客様も長野市内ということもあり、かかりつけの動物病院の話題になりました。


やはり皆さん、それぞれの思いで複数の病院を経験されています。(BOWもそう)

Iさんは、明日の病院は新しいところに行こうと思っているとのこと。


話を伺うと、現在かかっている病院は、BOWが2度目にかかった病院。
そして、明日行こうと考えられている病院は、BOWが最初にかかっていた病院。

現在、BOWがかかっている病院の話をしたところ、


『そこに行こう!』ということになりました。




翌日はさらに、スピッツの具合が悪くチェックアウト後にそのまま行くということで、地図を書いてさしあげました。







『どうだったかなあ?』などと、妻と心配してました。








すると、翌日にIさんから電話がありました。

話しですと、

帰りの車の中では、ちょっと元気になったらしいのですが、娘さんの方は相変わらず風邪気味。
そういうわけで、ハイジの病院は明日、とも思われたっそうですが、とりあえずBOWに教えられた病院にそのまま直行したらしいです。

すると、元気になったどころか、内臓が破裂寸前だったらしく、もうちょっと遅れていたら手遅れになるとこだったとか。



それにしても、

愛犬もお嬢さんも無理をおして、BOWを訪ね、そこで獣医さんの話しをし、行こうと思ってた病院を止めて、BOWが教えた所に行ってみた・・・

色んな偶然が重なって、ハイジは元気に回復できたそうです。



良かったあ!

現在、8歳のハイジ、元気で長生きして下さい。




にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ


こちらもご覧ください
愛犬専門の宿
  ↓
ペンションBOW
CIMG0943.jpg




                         
                                  

コメント

非公開コメント