Post

        

ノンタイトル

category - ペンションBOW
2012/ 10/ 27
                 
今日(27日)、明日とご宿泊のMさん(前回のMさんではありません)の
最初のBOW宿泊は10年ほど前。
その後、5年間は毎年ご宿泊いただきましたが、6年目からご予約がありません。

そうなってくると、気が小さいくせに口の悪いBOW親父は心配になります。

『Mさんに対して、何か落ち度があったかなあ?』と。

次の年も予約がありません。


リピーターの方に対しては、Aサンは4月初旬だなあ、BサンはGWが終わってから、Cさんは夏休み前などといつも頭に入ってますし、お越しが当たり前のように思ってしまうものなのです。

そんなお客様方から電話がないと不安になってしまいます。


Mサンは結局次の年もその次の年もありません。



ところが何と、本日と明日お泊りのお客様はそのMさんです。
5年振り・・・です。


ご予約はいつも妹さんだったのですが、今回はお姉さんからの予約電話です。

『モシモシ、バウです』

『ご無沙汰してます、Mです。予約をお願いします。』

『えっ!Mさん!ご無沙汰です。電話がないんでBOWを嫌いになられたかと思ってました。』
と気が小さくて、口が悪くて、ノーテンキなBOWのかる~いジャブ。



するとMさんから・・
『実は、妹は5年前に亡くなったんです。BOWのソルトの墓参りに行こう!と言ってた矢先でした。』


『・・・・』



何も言えなかった。






先程お着き人なり、
用意していたお花を持ち、5年前と変わらない客室にご案内しました。

『お花、部屋に飾っといて下さい。』
と手渡すと、

『ありがとうございます。実は今日、命日なんです。』





残された柴犬はお姉さまが引き取られてます。
今日お供してくれました。




合掌




にほんブログ村 犬ブログ ボルゾイへ

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ


是非、ご覧下さい。
愛犬専門の宿
  ↓
ペンションBOW


                         
                                  

コメント

非公開コメント