Post

        

最後・・・・でさえない

category - 私事
2014/ 03/ 25
                 
BOW親父は今、2階202号室に隔離されてます。










昨夜39度8分の高熱が出て救急で病院へ。


棒を鼻の中へ突っ込まれてインフルの検査。

インフルはマイナスなので今のところ普通の風邪のようですが、時間をおいて再検査したいので明朝また来てください。とのことで帰宅。










明けて翌朝再度病院へ行きました。







またあの痛い棒を鼻の中へ・・・・












暫らくして、『立派なインフルAです』と宣告。











というわけで2階202号室への隔離となったわけです。











妻は生憎今日一日中用事で出払っています。


外は日本晴れなのに親父は真面目に寝てました。












夕方五時過ぎに1階のBOW犬たちが吠え出し、妻が帰って来た合図。






家の中へ入ったと思ったらすぐに玄関が開く音。
のり天の散歩だな。







しばらくして戻って来たらまた玄関が開く音。
蘭丸の散歩だな。






ここまで、妻から親父への声掛けナシ。











蘭丸の散歩から帰ってきて、ここで声掛けかと思ったら
また玄関が開く音。



ジン君の散歩か。










しばらくして帰って来て、BOW犬三頭の散歩が終了。

ご苦労さん。






散歩も終わったしやっと声掛けかと待ちましたが、リビングのドアが開いて閉まる音が・・・



そうか、三頭立て続けに散歩して疲れたからちょっと休憩してからだな!?







その後1階の廊下を行き来する妻の足音はするのですが、2階へ上がってくる気配はもちろん、
具合どうお!の声掛けもありません。






2階に隔離してること忘れたのかなあ!














仕方ないので、2階から携帯メールしました。

わたし、元気です!』って。








返信は

元気でも、隔離』でした。












追伸)昨夜病院へ行った時に、薬を3錠飲まされました。
何の薬かは知りません。



今日再度病院へ行き、診察が終わって窓口で待っていると(ココでも隔離)、看護婦さんが来て
『すいません、先生が話があるそうなでちょっと診察室へ来てください。』


親父ちょっと不安になりました。









診察室へ行くと『申し訳ありませんでした』と医者が頭を下げるじゃありませんか。


『どうしたんですか』と親父。






すると先生は
『実は昨夜飲んでもらった薬なんですが・・・。朝、昼、晩の3回に分けて飲むのに、私がミスで1度に3錠飲ませてしまいました。身体に変化はないですか?』
だって。



オイオイ、大丈夫かあ!










コチラもご覧ください
    ↓
 ペンションBOW



















                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

No title
インフルエンザやっちゃいましたか。ここは、休めという点のお告げだと思ってゆっくり休んで下さい。ってか、早く治して下さいね。スキー場クローズと親父さんの完治、どちらが早いか...。

ともかく、お大事に~。
あかりのトーチャンへ
ご心配お掛けしてます。

実に15,6年振りの風邪というか、人生初のインフルでした。
あの棒を二度と鼻に入れたくありません。


やっと熱も平熱に戻り、明日(27日)一日安静にしていたらOK!のようです。

安心して予約入れて下さい。